PageSpeed で「テキスト圧縮の有効化」対策で速度改善

PageSpeed Insights の表示で、「テキスト圧縮の有効化」をせよと指示されるケースの対策と改善手法です。

テキストリソースを gzip や deflate で圧縮せよという指摘

上図ではテキストリソースの js や css の圧縮して通信料を抑えるように指摘されています。

改善対策

ウェブサーバーから返すリソースに圧縮指定をするのがよくある手法です。

gzip と deflate の指定を追加

Apache などの Web サーバーで gzip や deflate の圧縮指定をすればこの表示が消えて、速度が改善が期待できます。サーバーに合わせた指定をしてください。

レンタルサーバーは .htaccess に指定

Web サーバーの設定を直接変更できないレンタルサーバーなどは、.htaccess に記述すれば deflate の圧縮指定を追加できる場合があります。レンタルサーバーの設定を確認してください。

.htaccess の IfModule mod_rewrite.c タグ内に AddOutputFilterByType DEFLATE を追加します。

<IfModule mod_rewrite.c>
    AddOutputFilterByType DEFLATE text/html
</IfModule>

これは HTML だけしか指定していないので、他にも追加する場合は後ろに複数追加できます。

<IfModule mod_rewrite.c>
    AddOutputFilterByType DEFLATE text/html text/plain text/xml text/css text/js application/x-javascript application/javascript
</IfModule>

js と css が PageSpeed の指摘にありましたので追加しました。

パフォーマンスへの影響を確認

再度 PageSpeed Insights を確認します。

deflate 設定前の点数

deflate の指定前は37点でした。

deflate 設定後の点数

こちらが deflate 設定後の点数です。

37点から66点になっています😁
29点の改善となりました。

速度改善では、gzip と deflate の圧縮をまず検討するべきと言えますね。

参考

mod_deflate – Apache HTTP サーバ バージョン 2.2