Tumblr は会社のホームページ、法人のウェブ拠点として適しているか

無料で使えるブログサービス Tumblr は会社のホームページや法人のウェブ拠点として適していないと考えています。

当記事では、Tumblr が会社ホームページとして適していない理由をご紹介します。

Tumblr とは

Tumblr はマイクロブログサービスと言われ、様々なコンテンツ投稿が可能なサービです。

無料で使え、独自ドメインにも対応しているために、会社ホームページや法人のオウンドメディアポートフォリオサイトとして利用している方も多くいらっしゃいますね。

ユーザー数もサービス開始以降伸びている人気のサービスです。

Tumblr の機能

Tumblr の機能を簡単にご紹介します。

  • ブログなどコンテンツごとの投稿機能
  • Tumblr 独自のリブログ機能
  • 独自ドメイン対応
  • テーマ編集機能

大まかですが、こんな感じです。
Tumblr はテーマがカスタマイズ対応しているので、ブログ機能に留まらず、会社ホームページなどちょっとしたウェブの拠点にすることができます。

Tumblr は会社ホームページ・法人拠点として適しているか

さて、本題の Tumblr が会社ホームページや法人拠点に適しているかですが、現在のところ全く向いていないと考えています。

向いていない理由を3点挙げます。

  1. Tumblr のリブログが期待できない
  2. 編集可能な管理画面など機能が貧弱
  3. 拡張性に乏しく将来が不透明

1.リブログが期待できない

Tumblr はリブログという Facebook でいうシェアや Twitter のリツイートのような拡散機能があります。

ただ、基本的にこのようなシェア機能は法人コンテンツと相性がいまいちですし、Tubmlr のユーザー数でしたら、拡散は他の SNS に期待した方が良いと考えています。つまり、積極的に Tumblr をビジネス使う理由が無いのです。

2.編集可能な管理画面など機能が貧弱

Tumblr の管理画面は、WordPress などに比べるとかなり貧弱です。

会社ホームページでしたら、例えば過去のリリース投稿を編集したくなったりします。しかし、そういう際に Tumblr は過去の投稿を一覧にして編集可能な管理画面がありません。一応投稿の編集自体はできるのですが、投稿数が多くなるとかなり手間となります。
正直、ビジネスの効率性の観点からは全くお勧めできません。

ユーザー管理もできませんのでセキュリティの視点からビジネス用途として疑問です。
一応テーマの編集はできるのですが、開発環境を用意できないなど拡張性に乏しくできることは限られています。

3.将来が不透明

Tumblr は将来が不透明な状態にあります。
世界最大のポルノサイトが成年向けコンテンツを禁止したTumblrを買収したがっている – GIGAZINE
このような記事にあるように、元々 Tumbrl は米国のヤフーに1200億で買収されたと後に、0円評価となり、現在は Verizon 参加となっており今後は不透明です。

先が読みにくい不透明なプラットフォームに会社ホームページなど法人の拠点を置く積極的な理由は無いと考えています。

まとめ

当記事では、Tumblr は法人のウェブの拠点として積極的にお勧めできない理由をまとめました。

Tumblr で会社のホームページを開設してしまったものの、WordPress に移行したいという方は多いかもしれません。

当社では Tumblr からの WordPress 移行をにも対応しています。
ご興味のある方は、お問いあわせよりご連絡ください。

無料でインターネットに拠点を作ろう

ビジネスの売上を上げるためにインターネット上に拠点を作りましょう。
この記事は以下のような方におすすめの内容です。

  • インターネットの拠点について知りたい方
  • インターネットの拠点を開始したい方
  • インターネットで売上を上げるにはホームページが必要と考えている方

早速、インターネット上に拠点を作り売上を上げていきましょう。

インターネット上の拠点とは

昔はインターネットで何かをはじめるには、ホームページ開設が定番でした。

しかし、インターネット上の進化とももにホームページだけでなく、様々な選択肢が生まれています。
例えば以下のような様々な選択肢があります。

  • ホームページ
  • ブログ
  • SNS(Facebook、Twitterなど)
  • 特化型サービス(note、Baseなど)
  • モバイルアプリ(メルカリなど)

つまり、現代にインターネットで売上を上げるには、ホームページが必要とは限りません

自社の製品を知ってもらうために、FacebookやInstagramなどのSNSアカウントの開設から開始するのも有力な手法の一つです。

FacebookやTwitterアカウントを開設すればもうそれだけで顧客との接点を持つことが可能だからです。

あなたのインターネットでの最初の拠点は、何かあなたがインターネット上に公開したものになります。

まずは拠点を公開して、インターネットで売上を上げるスタートとしてください。

無料で開始できる拠点がおすすめ

初めてインターネットに拠点を作る場合、SNSやブログ、特化型サービスなどの無料サービスがおすすめです。

無料で開始できるサービスはシンプルなものが多く、いいねなど反応がもらいやすいというメリットがあります。さらに、ホームページの公開や運用よりもずっと覚えることを少なくスタートすることができます。

まず何を初めていいかわからない場合は、SNSから入るのが良いです。

複数の拠点を持つのは当たり前の時代

今ではインターネットに複数の拠点を持つのは当たり前の時代になりました。

1つの店舗が、ホームページとFacebookページ、ECショップを開くなど複数の拠点を持つのは一般的になってきています。これはその拠点ごとにリーチできるお客様が異なるからです。

拠点3~5個を開く場合もありますので、自社にマッチした拠点を選択していってください。

有償のホームページを開設する前に

SNSアカウントは公開しているのでインターネットの拠点として自社のホームページ、ウェブサイトが欲しいという方もいらっしゃるでしょう。

ホームページはある程度の体裁のホームページを開設するには一定以上のコスト(お金や時間)がかかってきます。

最近ではホームページ、ウェブサイトは開設コストも安くなってきましたが、どんなに無料と謳うサービスを利用しても、しっかりとした売上を上げるホームページを目指すには必ず有料、お金がかかると考えてください。

そのためインターネットで売上を上げるには、有償でホームページを開設するよりも、まずは無料のSNSや特化型のサービスで売上にどこまでつなげられるか試行錯誤をおすすめしています。

なぜなら、ホームページを制作会社に頼むと大抵の場合、ホームページから得られる収入よりも出費の方が高くつき赤字になります。インターネットの拠点を作る際に、赤字は避けるべきです。

ホームページを開設する前にまずはSNSなどの無料のサービス検討するのが一番というのは強く推していきます。

まとめ

この記事ではインターネット上の拠点についてお話ししました。
近年は無料でスタートできるSNSなどの拠点作成手法が増えています。

ホームページ開設には囚われず、まずは出費を少なくスタートするのが良いでしょう。

インターネットでビジネスの売上を上げるための方法を公開していきます

この会社を創業して3年を迎えました。
その中でインターネットビジネスのノウハウが溜まってきたものを公開していきます。

私たちは主に以下の仕事に携わってきました。

  • Webアプリケーション制作
  • ホームページ制作
  • インターネットコンサルティング

私たちは常にインターネットに関連したお客様と仕事をしてきました。

日本の企業の皆様がインターネットで売上が伸びずに苦戦している、またはインターネットを使ってもっと売上を上げたいのにもかかわらず、うまくいかないといった意見を聞いてきました。

インターネットでビジネスの売上を上げるための方法

インターネットでビジネスの売上を上げる方法のほとんどは、仕組み自体がシンプルなもの、しかもインターネットで調べると情報を得られるものばかりです。

しかし、インターネット上の情報は無料でいくらでも手に入る反面、何が正しく何が最も効率が良い方法を判断するのが難しくなってきています。

読んでほしい人

  • すでにビジネスをしている人
  • これからインターネットで集客+売上を増やしたい人

当サイトで公開している記事の通り実行することで、売上を上げる方法がわかるようになります。

それで進めていきましょう。

売上目標を決める

最初にインターネット経由の「売上目標を決める」こちらを徹底してください。

売上目標は必ず数字時間で設定します。「インターネットから月に5万円」などのように設定すると良いでしょう。

売上目標を立てずに、ホームページを開設したり、ブログを始めたりしても必ず中途半端になります。
必ずしも売上目標を立てられない場合においても、「問い合わせ件数」や「メルマガ購読数」「SNSフォロワー数」など数字で管理できるような目標を設定してください。

  • インターネット上に拠点を作る
  • インターネットの拠点に人を集める
  • 数値を分析して売上につなげる

目標が決まったので実際に進めていきます。

売上の拠点を作る

インターネット上に売上を上げるための拠点を作ります。

ホームページ、ブログ、InstagramやTwitterなどのSNSアカウントなどインターネット上に拠点を作りましょう。

私たちはWeb制作に寄った生業をしておりますので、WordPressなどでホームページの構築料金をいただく場合が多いですが、近年ではブログやSNSなどのように無料でスタートできるやり方が増えてきています。

まずは拠点を作り、そこから売上を上げていきましょう。

拠点に集客しよう

インターネットの拠点に人を集めます。

インターネット上での集客はよくWebマーケティングとも言われますが、色々な手法に拘らずご自身のビジネスにマッチした手法を選択することが大切です。

  • SEO
  • SNSマーケティング
  • アフィリエイト
  • リスティング
  • 純広告(ディスプレイ広告)

主な手法を挙げてみましたが、これら全てを知る必要はありません。このリストは上に行けば行くほど単価は安く、下ほど高単価になります。

そして、私たちはSEOをメインとした手法を提案しています。

なぜなら、SEOは最も低コストで売上を実現できる集客手法だからです。
多くの中小企業様において、SEOやSNSマーケティング以外の手法はコストパフォーマンスが合わない場合がほとんどです。

売上を分析しよう

拠点に集客した結果が売上に繋がっているかを分析します。
分析にはGoogleAnalytcis
を利用します。

GoogleAnalyticsは分析のツールとして無料で利用可能な最良の選択肢です。他にもAnalyticsツールはありますが、GoogleAnalyticsとの併用がおすすめです。

あらかじめ売上目標を設定しておくことで、GoogleAnalytcisを活用することが可能です。

まとめ

最後までご覧いただきありがとうございます。

この記事は私たちがお客様にご提案している内容をまとめたものとなります。
もし、インターネットを利用した売上増に着手してお悩みの方は私たちにお問い合わせください。有償で可能なかぎりサポートさせていただきます。