Google サーチコンソールでサイトマップを再送信する

サイト内の URL に変更があった場合、サイトマップへ速やかに反映した方が検索エンジンからのアクセスに良い結果をもたらします。

この記事では、サイトマップに変更があった場合、サイトマップを再送信する方法をご紹介します。

サイトマップを再送信する理由

URL の変更などによりサイトマップを更新した場合、サイトマップを再送信した方が良いです。

再送信しない場合は、サイト内の URL 変更などサイトマップの変更反映に時間がかかる場合があります。

サイトマップを再送信する

サイトマップ > 新しいサイトマップの追加 で新しい URL 入力で完了です。

すでにサイトマップが登録されている場合には再送信されます。

Googleサーチコンソールから新しいサイトマップの追加
Googleサーチコンソールから新しいサイトマップの追加

上図のようにサイトマップでは sitemap.xml というパスが一般的ですので、そのように入力しています。実際のサイトマップのパスに合わせて入力してください。

Google サーチコンソール 送信された URL が見つかりませんでした(404) 対策

Google サーチコンソールで404エラーが発生した際の対策です。
404はエラーですのでエラー表示を消すことが正しい対応です。

404エラーの確認

インデックス > カバレッジからエラーを確認します。

Google サーチコンソール404エラー
Google サーチコンソール404エラー

上図ではエラーが2件発生しています。
サイトマップの URL がアクセスできない状況が発生しています。

404エラーのサイトマップ修正する

404の原因は色々考えられますが、URL の変更ならば新しい URL への更新、URL の削除ならサイトマップからの削除を行います。

サイトマップを編集し、サイトマップに掲載されている URL がアクセスできることをしっかり確認しましょう。

サイトマップを送信

Google サーチコンソールにサイトマップを送信します。
すでに送信済みのサイトマップでも、サイトマップの更新が反映されない場合は再度 Google サーチコンソールで送信すると良いでしょう。

問題修正を Google サーチコンソールで確認

修正が Google サーチコンソールから認識されると、Google サーチコンソールからメールでメッセージが届きます。

カバレッジの問題が修正されました
カバレッジの問題が修正されました

「カバレッジ」の問題が修正されましたとあります。

つまり、「送信された URL のクロールに問題があります」の問題が修正されたことを Google サーチいコンソールが認識したということです。

404エラーのステータスが合格に
404エラーのステータスが合格に

Google サーチコンソールのステータスが合格になっています。
こちらでOKです。

まとめ

Google サーチコンソールで表示される「送信された URL が見つかりませんでした(404) 」を解消する対策について記載しました。

404が出ていると、検索エンジンからの流入にネガティブに働きます。エラーを見直して、アクセス流入改善につなげてください。

【必須】ウェブ分析最初の一歩 GoogleAnalytcis の設定

ホームページやブログのウェブ分析しっかりできていますか。
あるいは、ビジネスの結果に繋げられていますか。

「GoogleAnalytics は見ているけど、どうも見方がわからなくて困っている。」

そのような声にお応えするためにウェブ分析最初の一歩、必ず整備して欲しい設定をご紹介します。

ウェブ分析の最低条件は3つ

正直な話、サービスのウェブ分析をビジネスに繋げられているかどうかは、ウェブ分析の環境を教えていただくことで、だいたいわかります。

まずは以下の3つを確認してください。

  1. GoogleAnalyticsが導入されている
  2. SearchConsoleと連携できている
  3. GoogleAnalytcisの目標が設定されている

いかがでしょうか。会社にマーケターがいるから、エンジニアがいるからと安心せず必ず確認してください。私が知る現場では、これら3点が設定されていない環境が多かったです。

GoogleAnalytics の導入について

GoogleAnalytics はウェブ分析ではディファクトスタンダードなツールです。
正直な話、これが導入されていない現場はウェブ分析以前の段階と言えるでしょう。どんなに分析をしようとしても、データ無しには多くを語ることはできません。

とにかくまず GoogleAnalytcis を導入しましょう。

GoogleAnalytics の導入からウェブ分析の最初の一歩が始まります。

SearchConsole と連携しているか

次に、GoogleAnalytics と SearchConsole の連携を確認しましょう。
意外にこの重要な設定がなされていないケースが多いです。

GoogleSearchConsole のデータは SEO の集客状況を見るために必須のツールです。もしこれが、GoogleAnalytics と連携されていないということは、今までウェブ集客の重要な1つである SEO の分析を一切行ってきていなかったという状況と言えるでしょう。

SearchConsole を GoogleAnalytics と連携していない場合、そもそも SearchConsole を使用していない、あるいは、SearchConsole は使っているが GoogleAnalytics と連携していないというパターンです。

後者の場合は連携していないだけでデータは取れていますが、前者の場合検索のデータがそもそも取得できていません。早急に SearchConsole の導入から進めてください。

GoogleAnalytcis に目標設定の有無

GoogleAnalytics で目標機能は、GoogleAnalytics の最も大事な機能と言っても大袈裟ではありません。

GoogleAnalytics は目標を設定すれば、コンバージョンという項目で目標に達成するまでのデータを分析できるようになります。

逆に GoogleAnalytcis の目標設定をしていないということは、それだけでサイトには目標がない状態ということがわかります。さらに言えば、そのサイトを運営する組織やチームの目標が設定されていなかったり曖昧だったりする場合が多いのです。

目標設定はとにかくなんでもいいので設定してください。お問い合わせページの表示や、バナーのクリック数など簡単なところからでも構いません。

まずは、「数字をとる」ところから分析が始まります。

ウェブ分析最初の一歩を踏み出そう

ウェブ分析最初の一歩という3つの重要なポイントをご紹介しました。

いかがでしょうか。みなさまの職場のウェブ分析環境は十分に整っていましたか。これら GoogleAnalytics の整備は、サイトに数値分析という現実的な手法をもたらします。

数値分析をしていないサイトはコンパスのない旅のようなものです。まずは小さなことからでも設定を行い、方向を定めていきましょう。

HTTPS化の際は、SearchConsoleに再度登録してください

近年では運営するサイトをHTTPS化することが増えてきました。

HTTPS化の際にはGoogleSearchConsoleに再登録が必要なので覚えておきましょう。
この記事の要点は2点あります。

  • SSL 対応したら SearchConsole に新規登録が必要
  • 新規登録なのでサイトマップ登録も必要

HTTPS化したサイトをSearchConsoleで新規に追加する

HTTPS化したサイトはGoogleSearchConsoleへの新規登録が必要です。過去のHTTPのプロパティをそのまま移行はできないようです。

サイトマップを追加

SearchConsoleへの追加ののちに、サイトマップを追加します。
忘れがちな所なので注意してください。

GoogleAnalyticsのプロパティからSearchConsoleを設定

SearchConsoleを変更したので、次はGoogleAnalyticsの設定を変更します。
管理 > プロパティからSearchConsoleの指定を変更してください。