HTTPS化の際は、SearchConsoleに新規登録が必要です

近年では運営するサイトを SSL で HTTPS 化することが増えてきました。

HTTPS 化の際には GoogleSearchConsole に再登録が必要です。覚えておきましょう。
この記事の要点は3つあります。

  • SSL 対応したら SearchConsole に新規登録が必要
  • 新規登録なのでサイトマップ登録が必要
  • GoogleAnalytics のプロパティを更新

URL が代わりますので、サイトマップや GoogleAnalytics の連携が必要になります。

HTTPS化したサイトをSearchConsoleで新規に追加する

HTTPS化したサイトはGoogleSearchConsoleへの新規登録が必要です。過去のHTTPのプロパティをそのまま移行はできないようです。

サイトマップを追加

SearchConsole への追加ののちに、サイトマップを追加します。
SearchConsole の「サイトマップ」ページからサイトマップを登録します。

忘れがちな所なので注意してください。

GoogleAnalyticsのプロパティからSearchConsoleを設定

SearchConsoleを変更したので、次はGoogleAnalyticsの設定を変更します。
管理 > プロパティからSearchConsoleの指定を変更してください。