WordPress のカスタムページテンプレートの使い方

カスタムページテンプレートとは固定ページのカスタムテンプレートのことです。

固定ページを別テンプレートで表示できると言ってもよいですね。

使い方

PHP ファイルを作成して、以下のようにコメント内に Template Name を書きます。

<?php
/*
Template Name: 私のカスタムページ
*/

ページテンプレート – WordPress Codex 日本語版

こちらのファイルを記載するだけで、テンプレートを利用できるようになります。

テンプレートの適用ページ

テンプレートが適用されるかは命名規則がありますので、開発する場合はこちらは押さえておきましょう。

テンプレート階層

カスタムテンプレート — ページにカスタムテンプレートが割り当てられていれば、WordPress はファイルを探し、見つかればこれを使用します。
page-{slug}.php
 —
 見つからなければ、WordPress はページのスラッグで特殊化されたテンプレートファイルを探し、見つかればこれを使用します。
page-{id}.php
 —
 見つからなければ、WordPress はページの ID で特殊化されたテンプレートファイルを探し、見つかればこれを使用します。
page.php
 —
 見つからなければ、WordPress はテーマのデフォルトのページテンプレートを探し、見つかればこれを使用します。
index.php
 —
 見つからなければ、WordPress はテーマの index ファイルを使用します。
ページテンプレート – WordPress Codex 日本語版

ポイントとしてはpage-{id}.php などはマジックナンバーになりますのでできれば使わない方が良いです。

参考

https://wpdocs.osdn.jp/%E3%83%9A%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%83%86%E3%83%B3%E3%83%97%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%88