Google サーチコンソール 送信された URL が見つかりませんでした(404) 対策

Google サーチコンソールで404エラーが発生した際の対策です。
404はエラーですのでエラー表示を消すことが正しい対応です。

404エラーの確認

インデックス > カバレッジからエラーを確認します。

Google サーチコンソール404エラー
Google サーチコンソール404エラー

上図ではエラーが2件発生しています。
サイトマップの URL がアクセスできない状況が発生しています。

404エラーのサイトマップ修正する

404の原因は色々考えられますが、URL の変更ならば新しい URL への更新、URL の削除ならサイトマップからの削除を行います。

サイトマップを編集し、サイトマップに掲載されている URL がアクセスできることをしっかり確認しましょう。

サイトマップを送信

Google サーチコンソールにサイトマップを送信します。
すでに送信済みのサイトマップでも、サイトマップの更新が反映されない場合は再度 Google サーチコンソールで送信すると良いでしょう。

問題修正を Google サーチコンソールで確認

修正が Google サーチコンソールから認識されると、Google サーチコンソールからメールでメッセージが届きます。

カバレッジの問題が修正されました
カバレッジの問題が修正されました

「カバレッジ」の問題が修正されましたとあります。

つまり、「送信された URL のクロールに問題があります」の問題が修正されたことを Google サーチいコンソールが認識したということです。

404エラーのステータスが合格に
404エラーのステータスが合格に

Google サーチコンソールのステータスが合格になっています。
こちらでOKです。

まとめ

Google サーチコンソールで表示される「送信された URL が見つかりませんでした(404) 」を解消する対策について記載しました。

404が出ていると、検索エンジンからの流入にネガティブに働きます。エラーを見直して、アクセス流入改善につなげてください。